格安コピー機ドットコムトップ > 複合機 > キヤノンのビジネス向けインクジェットプリンタがユニ...

2016年05月28日更新

キヤノンのビジネス向けインクジェットプリンタがユニバーサルデザイン制度で推奨製品に認定

キヤノンのビジネス向けインクジェットプリンタがユニバーサルデザイン制度で推奨製品に認定

ニュースの概要

キヤノンのビジネス向けインクジェットプリンター「MAXIFY(マキシファイ)」4機種が、ドイツのiFユニバーサルデザイン&サービスが主催する国際的に権威があるデザイン制度「recommended: UNIVERSAL DESIGN」において、専門家が選定する「universal design expert favorite 2016」として選ばれました。なお、本制度におけるキヤノン製品の選定は初めてとなります。

引用記事: http://web.canon.jp/pressrelease/2016/p2016mar03j.html


ニュースの概要

キヤノンのビジネス向けインクジェットプリンタがユニバーサルデザイン制度で推奨製品に認定

キヤノンのビジネス向けインクジェットプリンタ「MAXIFY」4機種が、ドイツのデザイン制度「recommended: UNIVERSAL DESIGN」において、「universal design expert favorite 2016」として選ばれました。国際的に権威ある制度で、キヤノン製品が選定されたのはこれが初めてとのことです。

ユニバーサルデザインとは

良く耳にするユニバーサルデザインという言葉。みなさんはどんなものかご存じですか?
ユニバーサルデザインとはすべての人のためのデザインを意味します。ユニバーサルとは普遍の、すべての、といったことを意味し、年齢や障害の有無にかかわらずすべての人が利用することを想定し、実際にその機能を実現するために作り込まれたデザインのことです。

キヤノンのブランド「MAXIFY」とは

「MAXIFY」はキヤノンが中小規模事業所向け(ビジネス向け)に展開するインクジェットプリンタのブランドで、今回ユニバーサルデザイン制度で推奨製品に認定されたのは「MAXIFY MB5350/MB5050/MB2350/MB2050」(国内名称はMAXIFY MB5330/MB5030/MB2330/MB2030)の4機種でした。

ユニバーサルデザイン製品のオフィス利用

ユニバーサルデザインには7つの原則があるとされています。
「誰でも公平に利用できる」
「使用において自由度が高い」
「使用方法が簡単にわかる」
「必要な情報がすぐに理解できる」
「ミスや危険につながらないようなデザイン」
「無理のない姿勢で少ない力で楽に使用できる」
「使いやすい大きさ」

ユニバーサルデザインとオフィス製品、一見関係がないようなものに見えますが、これら7つの原則を見ているとオフィスの複合機・コピー機が持っていて欲しい特徴とかぶる部分がずいぶん大きい気がします。

オフィスには20代から60代までさまざまな年齢の方がいて、複合機やコピー機を利用しますね。また障害者雇用制度などから健常者だけが一緒に仕事をするわけではありません。

よって誰でも公平に利用でき、使用方法がわかりやすいことはオフィス製品には必要なことです。また必要な情報がすぐに理解できることはメンテナンス性、ひいては仕事の効率化にも繋がります。

そして無理のない姿勢で少ない力で楽に使用でき、使いやすい大きさであればオフィスでも邪魔になることはありません。

当社はさまざまな会社の複合機・コピー機を格安でリースいたします。お客様のニーズに合わせて、キヤノンだけでなくOKIやゼロックスなどさまざまな会社の複合機・コピー機から最適なものをご提案することが可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP