格安コピー機ドットコムトップ > 複合機 > シャープ〜コンビニのマルチコピー機でプリントできる...

2016年05月27日更新

シャープ〜コンビニのマルチコピー機でプリントできる「コンビニプリント for Box」サービスを開始

シャープ〜コンビニのマルチコピー機でプリントできる「コンビニプリント for Box」サービスを開始

ニュースの概要

 シャープは、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤 正広。以下、伊藤忠商事)と連携し、米国 Box,Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:アーロン・レヴィ。以下、Box社)が運営するクラウド型ファイル共有サービス「Box」に登録されたデータを、全国約30,000店舗のコンビニエンスストアに設置されている当社製マルチコピー機でプリントできるサービス「コンビニプリント for Box(以下、本サービス)」を5月24日より開始します。
 本サービスは、伊藤忠商事が独自に開発・運営するもので、「Box」を利用するユーザーがパソコンやスマートフォンなどから事前に登録したデータを、サークルK、サンクス、ファミリーマート、ローソン(50音順)に設置されている当社製マルチコピー機のネットワークプリントサービスで簡単・手軽にプリントできます。
「Box」をご利用のお客様は、機密データを外部で利用する際、USBメモリなど記録媒体に格納して持ち運ぶ必要がなくなるなど、セキュリティが向上します。また、コンビニ店舗にとっては、マルチコピー機の利用拡大が見込まれます。
 当社は今後も、各種サービスへの対応を強化し、コンビニエンスストアにおけるプリントサービスの拡充を進めてまいります。

引用記事: http://www.sharp.co.jp/corporate/news/160524-a.html


サービスの概要

シャープ〜コンビニのマルチコピー機でプリントできる「コンビニプリント for Box」サービスを開始

シャープは伊藤忠商事と連携して、米国Box社が提供するクラウドサービス「Box」に登録されているデータをコンビニのマルチコピー機にて印刷できる「コンビニプリント for Box」サービスを開始したと発表しました。

コンビニのマルチコピー機で印刷したいユーザーは「コンビニプリント for Box」サービスに事前利用登録が必要です。登録するとクラウドサービスのBoxにデータをアップロードすることができ、サークルK、サンクス、ファミリーマート、ローソンに提供されているシャープ製のマルチコピー機でプリントすることができるようになるということです。

「コンビニプリント for Box」サービスの2つのメリット

本サービスの利点は2つあり、ひとつはBoxのようなクラウドサービスを利用すればクラウドにアクセスできるところからであればどこでも機密データを利用できるため、USBなど持ち歩く必要がなくなります。

さらにもうひとつの利点は、Boxに保管したデータは全国にあるコンビニで印刷できることです。

クラウドサービス浸透への一助になるか

クラウドサービスはビジネスには不可欠とも言えるほど浸透しています。その利便性は非常に高く、企業が独自でサーバやネットワークを構築するより安価で早く、安全に運用できる可能性もあります。

しかしながらクラウドサービス自体への理解が進んでおらず、導入に踏み切れないと考える企業が多いのが現状のようです。
やはりネットワークの向こう側にある外部業者のサーバ(クラウド)にデータを保管することには抵抗があるのでしょうか。

「コンビニプリント for Box」のようなサービスが展開されても、コンビニのマルチコピー機に業務のデータが転送されることを懸念して、コンビニマルチコピー機の業務利用を禁止している企業があるようです。

セキュリティの向上は身の回りから始める〜複合機、コピー機は大丈夫?

クラウド=恐いといった意識でサービスを避けるのではなく、USBメモリにデータを入れて持ち歩き紛失に気をつけるのか、はたまたセキュリティを万全にしたクラウドを利用するのか、どちらがリスクが低くなるかを客観的に判断して、自社に適切な運用を行うのがベストでしょう。

「セキュリティあるある」として有名なものはネットワークのセキュリティなどに気をつけているにもかかわらず、複合機・コピー機に印刷データを置き忘れたような事例です。

日頃の行動からセキュリティを見直すと、「コンビニプリント for Box」のようなサービスの利便性の素晴らしさやセキュリティ面で信頼できるかどうかなどが見えてきそうですね。

複合機・コピー機についてあらゆるノウハウがある当社はさまざまな疑問にお答えします。いつでもお問い合わせ下さい!

PAGE TOP