スキャナ (Scanner)|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

スキャナ (Scanner)

スキャナとは、走査(スキャニング)と呼ばれる動作を行い情報をビット単位に読み取る物を指す。 主な物に、パーソナルコンピュータなどで使用されるイメージスキャナ、人体や物質の断面を走査するCTスキャナ、バーコードなどを読み取るバーコードスキャナなど数多くの種類のスキャナがある。 主に走査能力はrpmと言う単位で表されることが多いが、後期のイメージスキャナではdpiで表される事が多い。 前者はミラーを回転させ走査し、後者はミラーを回転させないためである。 資源探査衛星、気象衛星、惑星探査機等にも各種のスキャナが装備されており、その殆どはミラーを回転させる方式を採っている。これは1つのカメラ内に複数の撮像素子を配置できるなどの利点があるためである。 アメリカ合衆国では、広帯域無線受信機(ワイドバンドレシーバ)をスキャナ (en:Scanner) と称する。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
お問い合わせはこちら!