CCD(Charge Coupled Device)|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

CCD(Charge Coupled Device)

デジタル複写機(複合機)では、原稿を読み取る際、入力された情報(画像)をデジタル変換します。読取り部ではCCDで読み込み、画像処理部でデジタル化する仕組みになっています。

CCD とはCharge Coupled Deviceの略で、光情報を電気信号に変換(光電変換)する半導体素子のことです。光を電気に変換する受光素子(画素)を複数個ならべる事で、光の変化を画素ごとに独立して電気信号に変える事が出来ます。そのため、CCDの画素数が多いほど光情報は精密になります。

デジタル複写機やファクシミリに使われるCCDは「ラインセンサ」と呼び、数千個の画素を1列に配置したものを使用しています。ビデオカメラなどに使用されているCCDは「エリアセンサ」といい、画素を縦横に配列したものを使用しています。

PR:格安コピー機ドットコムでは、全て新品を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。中古市場のカウンター料金は平均的に5円前後の相場になっております。更にトナーやドラム交換の費用が掛かってきたり、メンテナンス自体を受けれない状態の機械も存在します。その点、格安コピー機ドットコムでは、1枚あたりのカウンター料金を3円~ご提供しており、更に殆どの機種がトナーはカウンター料金に込みとなっており、実質トナー無料製品となっております。枚数の多いお客様にはメリットが大きいので、是非ご検討ください。

お問い合わせはこちら!