Linux|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

Linux

Linuxとは本来、OSの基盤となる中核ソフトウェア「カーネル」のみを指す呼称であるが、今日ではこのLinuxカーネルにGNU Projectのソフトウェアや、X Window Systemなど別のプロジェクトやライセンスのもとで開発が行われたソフトウェア製品群をパッケージ化し、Linuxカーネルと同時に配布するLinuxディストリビューションを指して、単にLinuxと呼ぶこともある。

Linuxカーネルを用いて構築されたOS環境は、一般的にはUNIX系OS、UNIX互換OS等として分類される。ただし厳密には、UNIXの標準的なAPIなどを定めた仕様であるPOSIXをおおむね満たしているものの、たとえ実質的にPOSIXを満たしていたとしてもほとんどのディストリビューションがPOSIX自体を取得していない[注釈 1]こと、UNIXの商標を取得していない(商標UNIXではない)こと、既存のUNIXからのforkやソースコードの流用等も行われていない(血統上のUNIXでもない)ことなどから、本来のUNIXと混同して扱うことは適切ではない。

かつては「ハッカー(クラッカーの意味ではない)のOS」としてのイメージが強かったが、最近ではユーザーフレンドリーなデスクトップ環境が充実し、さらにシステムやソフトウェアパッケージ等の管理システムも発達し、グラフィカルなラッパー等が充実した結果システムの保守運用も容易なものとなったため、それまで縁遠いものとされてきたエンドユーザーの一部にも普及し始めている。                出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

お問い合わせはこちら!