ムラテックMFX-2700/2200(FAX機能)|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

ムラテックMFX-2700/2200(FAX機能)

ムラテックMFX-2700/2200が発表されました。
この2つの機械の大きな違いはムラテックMFX-2700がカウンター機で、
MFX-2200がキット機という点です。
mfx2700.jpg

カウンターとキットの違いはこちらを参照ください。
『カウンターとキットの違い』

ファックス機能は下記が搭載されております。
ITU-T国際標準規格V.34準拠。さらに600dpi送受信機能搭載。

スーパーG3モード(33.6Kbps)で通信時、超高速2秒台電送を実現(28.8Kbpsの場合は3秒電送)。大量の原稿や遠距離通信で"速さ"の威力を発揮し、通信コスト削減に大きく貢献します。さらにITU-T準拠の600dpi送受信機能を搭載。同じ機能を搭載したFAX同士なら、高精細な画像を送受信できます。

A4(ヨコ)原稿をわずか0.8秒(標準モード)で読み取ります。さらに複数の原稿を送信する際、1枚目の原稿を読み取り、すぐに送信を開始。トータルの作業時間を大幅に短縮できます。

ボタン1つでファクス・コピー・スキャナー等を切り替えできます。原稿の読み取り、プリント、通信、各種機能設定を完全に切り離し、同時にスピ-ディ-な処理を行います。

指定時間内に受信したファクスをあらかじめ設定した宛先に転送できます。また、ナンバ-・ディスプレイ※を利用すると、あらかじめ登録した特定の相手先からのファクスを転送することも可能です。外出中に受信した原稿を出先や自宅で受信できるので、ビジネスチャンスを逃しません。

※ISDN回線をご利用の場合、NTT各種サービスとの契約を必要とする機能については、TA及びルーターがこれらのサービスに対応している必要があります。

送信または、コピーの際に画質を「車検証」に設定すると、車検証などの地模様や地色のある原稿の背景を読み取りません。送信時間を短縮でき、コピー時には無駄なトナー消費を防ぎます。

ヨコ方向で送られてきたA4原稿を、自動的に90度回転させてタテ方向の用紙にジャストサイズ受信。また、メモリーさせた送信原稿は90度回転させてから送信。相手先FAXの記録紙サイズや原稿の向きを気にせず送信できます。

名刺などの小さい原稿を任意のサイズに拡大送信できます。わざわざ拡大コピーをとる必要がなくなりました。


標準装備の100枚マルチ手差しトレイにセットした用紙でFAX受信も可能。普段利用しないサイズの用紙で受信したい場合などに便利です。


2ページ分の原稿を1枚の用紙で両面受信できます。用紙をこれまでの2分の1に節約できます。


標準装備のス-パ-G3モ-ド1回線に加え、さらに1回線を接続できます。2回線をフルに使った同時送受信など、さらに効率的な通信が可能です。また回線を選択して送信することもできるので、部署別に料金負担をする場合など大変便利です。


※オプション

ワンタッチや短縮ダイヤルに登録している相手先名を、宛名として送信先の受信原稿の先頭に印字します。また、宛先名の後に"様"が追加されます

お問い合わせはこちら!