複写機|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

複写機

複写機(ふくしゃき)とは原稿、本の一部などの複製をとるもので、一般的にコピー機と言われる。

拡大や縮小機能を持つものも多く、紙の大きさも可変である。乾式と湿式があり、現在では乾式がよく使われる。また、カラーコピーも可能な複写機も存在する。英語で複写機はゼロックス (Xerox)というが、これは商標からきたものである。 用紙はたいてい普通紙(コピー用紙)であるが、OHPシートなど特殊なものにも印刷できる機種もある。大量の用紙をストックする用紙カセットと、一時的に特別な用紙を挿入するための手差しトレイを備えているものが一般的である。また、複写機という名称からも解るように、少数の複写を作成することを意図しており、簡易に複写を作成することが出来る反面、コスト面、速度面から大量印刷には向かない。通常、大量印刷にはオフセット印刷機が用いられる。オフセット印刷機と複写機の中間に位置する機械として簡易印刷機があり、孔版印刷を用いた理想科学工業のリソグラフなどが学校・官公庁などで普及している。

2000年代に入り、ビジネス向け複写機は、ほとんどがデジタル式である。また、パーソナルコンピュータとLANの普及に伴って複写機・プリンター・ファクシミリ・イメージスキャナなどの各種機能が統合されたデジタル複合機が使用されるようになった。これらの複合機には、LAN経由で操作が行えるものも多い。

メーカーとしては、リコー、キヤノン、富士ゼロックス、などが高いシェアを誇り、販売に関してはメーカー系、独立系あわせて多くのOA機器販社が行っている。そのほかに、いくつかのメーカーがデジタル式の複合機を作っている。

複写機の種類には、大きく分けてジアゾ式複写機とPPC複写機(Plain Paper Copier、普通紙複写機)がある。現在ではほとんどがPPC複写機であるが、ジアゾ式複写機も設計図面用(特にA2判以上の大判用紙)に根強い需要がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

格安コピー機・複合機・カラー複合機のご用命は格安コピー機ドットコムへ!
初期費用が掛からないリースでのご提供です。

お問い合わせはこちら!