メモリ送信|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

メモリ送信

メモリ送信とはFAX送信する際、原稿をまず本体のメモリに蓄積してから、相手にダイヤルし、交信する方法です。機械内部ではFAXの交信をしていても、原稿はすでに読み込まれた後なので交信終了まで機械に付き添っていなくてもよく、すぐ他の作業にうつれる事で事務効率を上げる機能と言えます。最近発売されている業務用のファクシミリには標準的な機能となっています。 また、フィーダー送信とはリアルタイムにFAX送信する方法で、1行づつ送るごとに紙が読み取られて進んで行くので、交信終了まで原稿が持ち帰れません。また、相手側のFAXが使用中の場合は再ダイヤルして完了するまで、読取り部に原稿が残ったままになり、他の人がFAXを使用できない状態となります。
お問い合わせはこちら!