フラットベッドスキャナ|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

フラットベッドスキャナ

 コピー機のように原稿をガラス台に固定し、下から光を当てて読取装置を動かして画像を読み取るスキャナ。スキャナとしては最も一般的なタイプである。
原稿が固定できるため高い精度で読み取ることができるが、最大用紙サイズに応じて筐体も大きくなるため、他のタイプに比べて設置面積が大きくなる。
パソコンとの接続には、安価な製品ではパラレルポートが、業務用など高性能な製品ではSCSIが使われる。
一部の業務用製品では、オプションの装置を取り付けるとフィルムスキャナとして利用できるものもある。
近年では低価格化が進み、最大用紙サイズA4で読み取り解像度600dpi程度の製品が1万円程度で販売されている。

IT用語辞典より引用
お問い合わせはこちら!