カラーコピーの現像方式|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

カラーコピーの現像方式

ロータリー現像方式javascript:void(0)
基本構造は使用するトナー色の数だけ現像部を使用して、感光体は一つですませてしまう方式。現像部から感光体に載せられたトナーは中間転写体上へ転写されそのまま保持される。
この後現像部の位置を入れ替えて、トナー色の数だけ感光体→中間転写体へ転写し、
最後に用紙上へトナーを再転写させる。
現像部の入れ替え方式や納められている構造がリボルバー式拳銃の弾倉に似ているためにロータリー(回転体)現像方式と呼ばれるようになった。
一部のメーカーではそのまま「リボルバー現像方式」と呼んでいる場合もある。
1枚の複写に各色の行程が必要なため、動作は遅い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

PR:PR:格安コピー機ドットコムでは、複合機・カラーコピー機を格安でご案内しております。
特に枚数が多いお客様には安心して利用できるように一枚単価を3円からご提供しております。

お問い合わせはこちら!