タンデム現像方式|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

タンデム現像方式

タンデム現像方式 ロータリー現像方式が感光体を1つしか使わないことに対して、タンデム現像方式はトナーの数だけ感光体を利用する。つまりPPC複写機の作像部全体が複数あることになる。現像部が入れ替わらないため、ロータリー現像方式に比べて中間転写体上でのトナー像作成時間が短くなる。これによって複写機の複写速度を上げることができる反面、機械本体や作像部が大きく作られてしまうなどのデメリットも存在する。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PR:PR:格安コピー機ドットコムでは、複合機・カラーコピー機を格安でご案内しております。 特に枚数が多いお客様には安心して利用できるように一枚単価を3円からご提供しております。
お問い合わせはこちら!