銀塩写真方式|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

銀塩写真方式

銀塩写真方式
読み取った原稿画像を、写真の印画紙のようなものへ露光させる方式。
大がかりなインスタントカメラの様な方式のもの。または印画紙のようなものへ露光すると、印画紙内部で普通紙へ転写可能なインクのポジ画像を作るものもある。
この場合は印画紙と用紙を密着させ圧力などで転写させる事になる。
感光体や現像部を持つ必要がないため機械の小型化が可能であるが、専用用紙のコストが高いなどの理由により現在ではあまり見ることのできない方式になった。

カラー複写機の注意点
通常、モノクロ複写機と比較して定着温度及びニップ圧が高く設定されているため、違う機種の裏紙を使用した場合、裏紙に付いているトナーが溶融して加圧ローラや定着ローラに付着し、さらに用紙に付着してしまう「再転写」という現象が起こる場合がある。
また、ラベル用紙やコート紙等の特殊な用紙は用紙の想定範囲外仕様になりやすく、専用紙や推奨紙以外の使用はトラブルの原因になる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
お問い合わせはこちら!