直接静電複写方式|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

直接静電複写方式

現在製造販売されているほとんどの複写機は、トナー像を感光体の上に作像してコピー用紙へ転写する方式をとっている。
これを総称して乾式間接静電複写機という。
それに対して、現在ではほとんど見られなくなったが、感光体に使われる物質を塗布した用紙上に、トナー像を作る方式のものを乾式直接静電複写機という。
ここで言う「乾式」とは現像剤やトナーが粒子状のものを指しているため、液状のものを使用する方式をそれぞれ「湿式間接静電複写機」「湿式直接静電複写機」と呼ぶ。

直接静電複写機のメリットとしては、転写によるトナー像の劣化がなくなるため、非常に鮮明な画像が得られることである。
このメリットを利用してオフセット印刷用製版機として使われていたことがある。また感光体や中間転写体を機械内部で持つ必要がないため、機械本体を小型化できるという面もある。

PR:格安コピー機ドットコムでは、複合機・カラーコピー機を格安でご案内しております。
特に枚数が多いお客様には安心して利用できるように一枚単価を3円からご提供しております。
最近はレーザープリンタからのリプレースが多くなってきております。一枚単価はトナーの購入頻度⇒5ヶ月に一本25000円のトナーを購入していれば月額5000円です。
その時に月間の印刷枚数で割れば一枚単価が算出できます。更にメンテンス代の費用が別途掛かりますので、更に割高になります。

お問い合わせはこちら!