解像度(dpi)|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

解像度(dpi)

解像度とは文字や絵を描写する点の構成が1インチあたりいくつのドットで表現されるかを示したものです。解像度には実解像度と疑似解像度があり、ここでは実解像度を説明します。

解像度はdpi(dots per inch)という単位で表記されます。
600dpiの場合、1インチ当たりに600個の点を構成する細かさが最小の点の大きさになります。
つまり、解像度の数値が大きければ大きいほどその画像は精細に描写されるということになります。(点の直径は約0.042mm)。
※1インチ=25.4mm

PR:格安コピー機ドットコムでは、複合機・カラーコピー機を格安でご案内しております。
特に枚数が多いお客様には安心して利用できるように一枚単価を3円からご提供しております。
カラーコピー機はトナー無料で18円からご提供可能です。

お問い合わせはこちら!