トナー|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

トナー

トナー(toner)は、レーザープリンタ及び複写機で使用される、帯電性を持ったプラスチック粒子に黒鉛・顔料等の色粒子を付着させたミクロサイズの粒である。静電気を利用して紙にトナーを転写させ、熱によって定着させることで印刷する。 カラー印刷の場合、通常シアン、マゼンタ、黄色、黒の4色が用意される。英語で「tone」とは色調のことであり、それから由来する。 トナーはカートリッジと呼ばれる専用の容器(トナーカートリッジ)に入れられ、それをプリンタに挿入して使用される。トナーカートリッジは、トナーを充填した容器だけのものとドクターブレード・アドローラー・現像ローラー(スリーブ)が組み込まれた容器のもの、それに感光体ドラムを付属したカバーを組み合わせたものなどがある。何れも、機種・メーカーによって異なる。    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』  
お問い合わせはこちら!