ステープル機能とは|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器用語辞典

ステープル機能とは

ソート機能に付随させることのできる機能で仕分けた用紙をホッチキス止めする機能です。
全自動で最後まで機械がやってくれますので、大変便利な機能といえます。
会議資料等を作成する場合に重宝する機能です。オプションで用意されている場合が多く、
意外と高価で10~20ビンのソーターも同時に購入しなくてはならない場合がほとんどですが、
最近ではシングルトレイでステープル機能をもたせた商品も存在します。

PR:インクジェットプリンタのインク容量は全てA4で5%の黒ベタ率を元に算出されております。
ですので、仕様書にこのインクカートリッジで500枚印刷が出来ると書いてあったとしても、それはA4原稿で5%の印字で印刷をした場合の目安と言うことになります。
実際、インクジェットやレーザープリンタを利用していてランニングコストが高かったり、消耗品を取り替える頻度が多いと気になった方はインクの黒ベタ%(インク・トナー利用料)に左右されないカウンター料金制の機械を検討する事をお勧めします。
カウンター料金の機械はカラー・モノクロ共に存在しますが、トナーをいくら利用しても、1枚の単価が決っており、インクやトナーの利用料に左右されません。
かりに真っ黒の原稿を刷ったとしても単価は決っておりますので、月のランニングコストの予測がぶれにくくなります。
月間枚数にもよりますが、当社の場合モノクロが1枚@3円~・カラーコピー・複合機は@18円~と格安です。さらに機種によってはA3を刷っても同価格でご提供可能です。
コピー機・複合機のご相談・お問合せは格安コピー機ドットコムまで!

お問い合わせはこちら!