キヤノン MJ、日本オセを完全子会社化|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

キヤノン MJ、日本オセを完全子会社化

キヤノン MJ、日本オセを完全子会社化

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノン MJ)は2011年6月23日、オランダの Oce との間で、キヤノン MJ による日本オセの完全子会社化について、合意したと発表した。日本オセの全株式の譲渡契約を同日締結し、6月30日に株式を譲渡する予定。

キヤノン MJ は、「長期経営構想フェーズII」の重点戦略のひとつとして、オセ商品を含むプロダクション事業の拡大を掲げ、2009年11月に Oce の連結子会社化をキヤノンと発表、Oce は昨年3月にキヤノングループの一員になった。

キヤノン MJ は今回の日本オセ完全子会社化により、業務用大判プリンターを主軸にプロダクション事業を強化、従来よりも厚みを増した幅広いプリンティングソリューションを提供する予定。

今回の業務用大判プリンター事業の統合再編を足掛かりにプロダクション事業の拡大を進め、業務用大判プリンターをはじめとするオセ商品に、キヤノン製のプロダクション向け複合機 imagePRESS や大判プリンター imagePROGRAF、業務用フォトプリンター DreamLabo などを加えたプロダクション事業全体で、2013年に売上高500億円を目指す。

PR:格安複合機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら!