2012年の事務機械総出荷は・・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

2012年の事務機械総出荷は・・・

2012年の事務機械総出荷は前年比99.9%、前年並みを予測 JBMIA
2012年03月29日
 ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA、山本忠人会長=富士ゼロックス社長)は、3月29日、事務機械自主統計品目の2011年出荷実績及び2012年と2013年の需要予測を発表した。

 2011年出荷実績(自主統計9品目)の、総出荷金額は1兆4569億円(前年比94.6%)だった。内訳は、国内4565億円(同94.3%)、海外1兆4億円(同94.7%)。

 品目別では、複写機・複合機(同100.0%)、シュレッダ(同103.5%)、タイムレコーダ(同106.0%)がプラスとなり、他はマイナスとなった。

 総出荷台数では、複写機・複合機(同104.5%)、ECR/POS(同102.6%)、シュレッダ(同100.9%)、電子黒板(同105.1%)、タイムレコーダ(同103.2%)がプラスとなり、他はマイナスとなった。

 国内出荷金額は前年比94.3%のマイナス。品目別では、データプロジェクタ(同107.3%)、シュレッダ(同103.5%)、タイムレコーダ(同110.4%)がプラスとなり、他はマイナスとなった。出荷台数では、カラー複写機・複合機(同102.3%)、電卓(同101.7%)、シュレッダ(同100.9%)、電子黒板(同100.2%)、タイムレコーダ(同109.2%)がプラスとなり、他はマイナスとなった。

 海外出荷金額も、前年同期比94.7%のマイナスとなった。品目別では、複写機・複合機(同102.6%)、ECR/POS(同100.5%)がプラスとなり、他はマイナスとなった。出荷台数では、複写機・複合機(同105.5%)、ECR/POS(同105.9%)、電子黒板(同108.6%)がプラスとなり、他はマイナスとなった。

 また2011年のMFP出荷実績は、合計で8,891億円(前年比104.7%)となった。モノクロ機の出荷金額は、3,039億円(同96.2%)、カラー機は5,851億円(同109.7%)となった。

 2012~2013年の予測では、2012年総出荷予測は、1兆4560億円(前年比99.9%)。内訳は国内4524億円(同99.1%)、海外1兆36億円(同100.3%)。

 また2013年総出荷予測は、1兆4567億円(同100.0%)、国内4490億円(同99.2%)、海外1兆77億円(同100.4%)。

 2012年総出荷金額予測の品目別では、複写機・複合機(同100.5%)、データプロジェクタ(同101.9%)、ECR/POS(同100.7%)、シュレッダ(同108.7%)、電子黒板(同101.9%)、タイムレコーダ(同101.9%)がプラスと予測された。

 2012年総出荷台数予測では、複写機・複合機(同105.4%)、ページプリンタ(同103.1%)、データプロジェクタ(同108.0%)、ECR/POS(同106.7%)、シュレッダ(同108.1%)、電子黒板(同103.3%)、タイムレコーダ(同101.2%)がプラスと予測された。

 2013年における総出荷金額予測の品目別では、複写機・複合機(同100.2%)、データプロジェクタ(同101.9%)、電卓(同101.1%)、ECR/POS(同103.3%)、シュレッダ(同106.1%)、電子黒板(同102.0%)がプラスと予測された。

 2013年総出荷台数予測では、複写機・複合機(同103.0%)、ページプリンタ(同101.2%)、データプロジェクタ(同108.3%)、電卓・電子辞書(同101.8%)、ECR/POS(同109.6%)、デジタル印刷機(同100.6%)、シュレッダ(同104.4%)、電子黒板(同102.2%)、タイムレコーダ(同100.8%)がプラスと予測された。

PR:格安複合機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら!