沖データ、「CO2排出量ゼロ工場」・・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

沖データ、「CO2排出量ゼロ工場」・・・

プリンティング・ソリューションの沖データ(本社:東京都港区)はこのほど、2009年10月1日に開始したグローバルなカーボン・オフセット活動である「CO2排出量ゼロ工場」について、初年度分のCO2排出量を無効化処理し、オフセットを完了した。  
同社は09年10月-13年3月、プリンタ・複合機を生産する全自社工場で、削減努力を行った後に排出されるCO2をカーボン・オフセットでゼロにする「CO2排出量ゼロ工場」の取り組みを進めている。

対象となるのは福島事業所、タイのOKIデータ・マニュファクチャリング、中国の沖電気実業(深圳)有限公司プリンタ事業部の3工場。  

今回は初年度(09年10月1日-10年3月31日)として、3工場からのCO2排出量5,616トンを無効化処理した。そのために取得した国連認証の発行済み排出枠クレジット(CER)は、インドのタミルナド・ニュースプリント・アンド・ぺーパー社による小規模風力発電(6.75メガワット)からのもの(1,966トン、07年5月25日に気候変動枠組み条約=UNFCCCに登録済み、07年7月に発行済み)など。(10年3月29日、沖データ発表から) 03/29/2010

お問い合わせはこちら!