FAXサーバシステム【ライトニングFAX】|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

FAXサーバシステム【ライトニングFAX】

FAXサーバシステム【ライトニングFAX】が、FAX通信デバイスにVOISTAGE【マルチメディアボックス】を採用 このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録 (ZDNet Japan・企業情報センター) - キヤノンソフト情報システム株式会社(本社:大阪市中央区 代表取締役社長:梅澤英之、以下「キヤノンソフト情報システム」)およびNTTデータ先端技術株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山田伸一、以下「NTTデータ先端技術」)は、2011年3月10日より、キヤノンソフト情報システムが提供するFAXサーバ『ライトニングFAX』 と、NTTデータ先端技術が提供するVOISTAGE『マルチメディアボックス』の製品連携を開始したことをお知らせいたします。 ■対応の背景  従来、『ライトニングFAX』のシステム構築の際は、FAX通信用デバイスとしてPCIボードを利用していましたが、近年、サーバの薄型化・小型化が進み、搭載できるPCIボードのサイズや形状、枚数などに制約があり、サーバ選定の選択肢が限られるケースが出てきました。こういった現状を踏まえ、今回、『ライトニングFAX』の新たな通信用デバイスとして、国内で多くの導入実績を持つVOISTAGEの『マルチメディアボックス』への対応をいたしました。この対応に伴い、キヤノンソフト情報システムでは、『ライトニングFAX』の新版をリリースいたします。 ■利用メリットと製品概要  『ライトニングFAX』のシステム構築を、USB2.0で接続するVOISTAGEの『マルチメディアボックス』を利用することにより、PCIボードが搭載できない薄型、小型のサーバでも実現することができます。これにより、省スペースで低コストなFAXサーバシステムの構築が行えます。また、故障時などのハードウェア交換が容易になり、メンテナンス性も向上します。 『ライトニングFAX』とは  『ライトニングFAX』は、FAXを社内ネットワークシステムに統合し、業務システムと融合したFAXソリューションを提供する、TCP/IPネットワーク対応のFAXサーバシステムです。クライアントPC上からの閲覧や送信・転送・編集が行え、受信と同時にFAXを該当のボックスに自動で仕分けすることが可能です。国内で1400サーバ以上の導入実績があり、多回線に対応するスケーラビリティと、データベースや帳票システム、OCRや複合機など、他のシステムや機器と連携可能な柔軟性が最大の特徴です。  VOISTAGEの『マルチメディアボックス』とは  VOISTAGEは、NTTデータ先端技術が提供する新しいコンセプトを持ったCTI/CRM製品の総合ブランドです。VOISTAGEのラインナップである『マルチメディアボックス』は、ホストインターフェースにUSB2.0接続を採用した世界初のテレフォニーボックスで、国内で3,000台以上の導入実績があります。それまでのPCIボードのように、サーバ内の物理的スペースや、バスの形式や相性にとらわれず、さまざまなPCへの接続が容易に行えます。サーバ接続や回線の増設における制約を取り払い、システム構築の際の自由度を大幅に高めます。
PR:格安複合機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。
お問い合わせはこちら!