富士通、ICT機器のライフサイクルを・・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

富士通、ICT機器のライフサイクルを・・・

富士通、ICT機器のライフサイクルを支援する「ワークプレイス-LCMサービス」をDaaS型で提供開始

 富士通は28日、パソコン、プリンタ、複合機、オフィスに設置された部門サーバなどのICT機器のライフサイクルをトータルに支援する「ワークプレイス-LCMサービス」の販売を開始した。

「ワークプレイス-LCMサービス」メニュー 「ワークプレイス-LCMサービス」のイメージ
【左】「ワークプレイス-LCMサービス」メニュー【右】「ワークプレイス-LCMサービス」のイメージ

 「ワークプレイス-LCMサービス」は、企業内において多様化・マルチベンダー化するICT機器の調達、導入、日常運用や最新環境への移行など、ICT 機器のライフサイクル(企画・設計、導入、運用から撤去・廃棄まで)のさまざまな作業を、すべて月額料金で提供するアウトソーシングサービス。富士通では、2004年より約400社にパソコン向けの支援サービス「PC-LCMサービス」を提供していたが、これを大幅に強化し、「ワークプレイス-LCM サービス」として、プリンタ、複合機、サーバなどICT機器全般に対象を拡げる。

 さらに、各種業務ソフトウェアをインターネット経由でパソコンに提供する「サービスDaaS(DaaS:Desktop as a Serviceの略、クライアント仮想化環境サービス)」をメニューに追加する。またメールやファイルストレージ、ユニファイドコミュニケーションなどの業務効率を高める各種コラボレーションサービス、安心・安全に社内ネットワークへのモバイル接続などを実現するネットワークサービスも合わせて提供する。

 サービス管理の基盤となるインシデント・問題管理、構成・資産管理、資源配布などを行うサービスマネジメントシステムは同社のクラウド基盤上に設置し、標準環境として整備する。また同社の海外リソースを活用し、海外拠点でのエンドユーザー環境の運用も、日本と同一の品質・プロセスにて実施する。

 販売価格(例)は仮想デスクトップサービス(仮想PC1,000台利用時)で1PCあたり5,000円/月(導入費不要)など。2010年1月4日より提供を開始し、今後3年間で導入企業400社、2,000億円を目標とするとのこと。

PR:格安コピー機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら!