キヤノン、複合機「imageRUNNER AD・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

キヤノン、複合機「imageRUNNER AD・・

キヤノン、複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズのラインアップを拡充

2010年7月6日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズのラインアップを拡充
カラー2機種4モデル、モノクロ3機種を発売

キヤノンは、複合機「imageRUNNER ADVANCE(イメージランナー・アドバンス)」シリーズの新製品として、コンパクトモデルのカラー機"C2000シリーズ"2 機種4モデルを10月上旬より、シリーズ初のモノクロ機"6000シリーズ"3機種を8 月上旬よりそれぞれ発売します。

「imageRUNNER ADVANCE」シリーズは、使いやすさを第一に考えて設計された複合機です。今回、コンパクトなカラー機"C2000"シリーズを発売し、キヤノンとして新たにカラー20枚機も投入します。また、好評のカラー機と同様の操作性と、多様なシステム連携機能を持つ高速モノクロ機"6000シリーズ"を発売し、ラインアップの充実を図ります。

■ 業界最小クラスの設置スペースを実現※1したカラー機"C2000シリーズ"
"C2000シリーズ"は、毎分30枚から同20枚(A4ヨコ)の出力スピードを持つA3対応のカラー複合機です。幅565mm、奥行き650mmのコンパクト設計により、業界最小クラスの設置スペースを実現したほか、起動時間を30秒以下※2、スリープからの復帰時間を10秒以下に短縮しています。また、上位機種のユーザーインターフェースを踏襲しており、頻繁に利用する機能の操作ボタンを個人専用のメニューに配置することで、作業効率が大幅に向上します。

■ 「重連コピー」で2台同時に印刷できるシリーズ初のモノクロ機"6000シリーズ"
"6000シリーズ"は、毎分75枚から同55枚(A4ヨコ)の出力スピードを持つA3対応のモノクロ複合機です。1つの印刷指示で2台の機器に同時出力可能な「重連コピー」に対応しており、大量部数のコピーが重複した場合でも、処理を2台に分散させることで作業時間を半減できます。

製品名 価格(税別)  発売日  生産台数
imageRUNNER ADVANCE C2000シリーズ  105万円~  2010年10月上旬  1万 5,000台/月
imageRUNNER ADVANCE 6000シリーズ  250万円~  2010年8月上旬   3,000台/月
※1 "C2030/C2020"の場合。A3カラー複合機において。設置スペースは本体幅×奥行きの面積。2010年7月1日現在。
※2 "C2030/C2020"の場合。C2030F/C2020Fは38秒。

<imageRUNNER ADVANCE C2030/C2030F/C2020/C2020Fの主な特長>
1.業界最小クラスの設置スペースを実現※1
・"C2030/C2030F"はカラー/モノクロともに毎分30枚、"C2020/C2020F"はカラー/モノクロともに毎分20枚の出力が可能(いずれもA4ヨコ)。
・幅565mm、奥行き650mm※2のコンパクト設計により、従来機※3に比べ設置スペースを約14%削減。業界最小クラスの設置スペースを実現。
※1 "C2030/C2020"の場合。A3カラー複合機において。設置スペースは本体幅×奥行きの面積。2010年7月1日現在。
※2 "C2030F/C2020F"の奥行きは680mm。
※3 「iR C2550F」との比較。

2.使いやすいユーザーインターフェースとパーソナライズ機能
・明るく見やすい5.7インチTFTフルカラータッチパネルを採用。
・用途や目的に応じて画面のボタン数やレイアウト、背景を変更可能。
・頻繁に利用する作業の設定を組み合わせてマイボタンとして「カスタムメニュー」に登録すれば、定型業務をワンタッチで実行でき作業効率が大幅に向上。
・サーバーレスの個人認証システム「MEAP ADVANCEパーソナルパック」(オプション)を導入すれば、カード認証に合わせてユーザー個々のカスタムメニューの表示や、本体内に待機させた個々のユーザーのプリントデータのみプリントすることができ、使いやすさとセキュリティーの両立を実現

3.機器の最適配置を実現する「親子連携機能」
・同一ネットワーク上に「アドバンスドボックス」※を搭載した「imageRUNNER ADVANCE」の上位機種(親機)があれば、スキャン画像を直接親機に保存したり、親機の「アドバンスドボックス」に保存してある文書を出力でき、情報共有を促進。
・同一ネットワーク上に「FAX回線」を持つ「imageRUNNER ADVANCE」の上位機種(親機)があれば、親機を経由したFAX送受信ができ、FAX維持管理コストを抑えつつ業務を効率化。
※ 製品本体のハードディスクドライブ(HDD)領域にあり、サーバーレスでファイル共有を実現するものです。C2000シリーズには「アドバンスドボックス」はありません。

4.先進的な環境への取り組み
・独自のLCA(ライフ・サイクル・アセスメント)設計システムを適用し、本体の製造や電力使用量、物流など製品のライフサイクルトータルで、従来機に比べ約30%、CO2排出量を削減。
・"C2020/C2020F"のTEC値は0.95kwhと従来機に比べ75%以上低減したほか、スリープ時の消費電力を1Wに抑え、オフィスの省エネルギー化を推進。
・植物原料由来成分を25%以上含んだバイオマスプラスチックを操作ボタン等に採用。
・6種類の特定化学物質の使用を禁じる「RoHS指令」に対応。さらに一歩先を行く鉛フリー対応。
※"C2030/C2030F"のTEC値は1.49kwh。

5.その他
・高速データ処理を実現する「LIPS LX」、LIPSソフト資産を継承できる「LIPS V」、AdobeR 純正の「PostScriptR3TM」」(オプション)などの多彩なPDL(ページ記述言語)に対応。
・FAXドライバーを利用して原稿を出力せずに鮮明に送信できるほか、受信した FAX文書を指定したFAXやEメール、パソコンのフォルダーに転送可能。
・AdobeR PDFに対応し、ISO規格に基づく、長期保存文書の電子化に適したフォーマット「PDF-A-1b」や「Reader Extensions」(オプション)などに対応した文書など、スキャン用途に応じた信頼性の高いPDFを生成可能。
・NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)による「カラーユニバーサルデザイン(CUD)認証」を取得。色覚の個人差を問わず、利用する人の視認性に配慮された製品として認定。

<imageRUNNER ADVANCE 6075/6065/6055の主な特長>
1.処理効率を大きく高める「重連コピー」
・同一ネットワーク上に接続している同一機種があれば、1つのジョブを2台の機器で同時に出力可能。コピー効率が約2倍に向上し、作業時間が半減※。
※"6075" 2台の場合、毎分150枚相当で印刷可能。

2.業界最速クラスのスキャン機能
・モノクロ機ながらカラースキャン機能を搭載し、業界最速クラスのスキャンスピードを実現。A4両面を表裏同時に、300dpiの解像度で、カラー毎分100ページ、モノクロ同200ページの高速でスキャン。

3.高画質・高生産性
・文字と写真を自動判別する像域分離技術により、文字はくっきり、写真はなめらかに再現。
・耐久性に優れた「A-Si(アモルファスシリコン)感光ドラム」による安定した高精細出力。
・"6075"は毎分75枚、"6065"は同65枚、"6055"は同55枚の高速出力(いずれもA4 ヨコ)。
・フィーダーには最大300枚の原稿を積載できるほか、大容量デッキ・カセット対応により、最大8,860枚の大量給紙、4,000枚の大量排紙が可能。
・毎分最大75枚の高速出力により、従来集中出力していた基幹システムからの帳票を各部門で出力する分散印刷にも対応。

4.その他
・個人ごとに設定可能なユーザーインターフェースや、他機とのファイル共有、さまざまなファイルフォーマットでの電子化など「imageRUNNER ADVANCE」シリーズの特長を継承。
・製品ライフサイクルを通したCO2排出量を従来機比約15%削減※。
・スリープ時の低消費電力(1W)によりオフィスの省エネルギーに貢献。
※ 「iR 5075」との比較。

PR:格安コピー機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら!