「imageRUNNER ADVANCE」に・・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

「imageRUNNER ADVANCE」に・・・

キヤノン、複合機「imageRUNNER ADVANCE」にカラー2機種/モノクロ3機種追加

キヤノンは、複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズの新製品として、コンパクトモデルのカラー機「C2000シリーズ」2機種4モデルを10月上旬より、シリーズ初のモノクロ機「6000シリーズ」3機種を8月上旬より、それぞれ発売する。価格は、「C2000シリーズ」が105万円(税別)~、「6000シリーズ」が250万円(税別)~。
業界最小クラスのコンパクトさを誇る「C2000シリーズ」

imageRUNNER ADVANCE C2030F

「C2000シリーズ」は、毎分30~20枚(A4ヨコ)の出力速度を持つA3対応のカラー機。幅565mm×奥行き 650mm(C2030/C2020)というコンパクトさで業界最小クラスの設置スペースを実現したほか、起動時間は30秒以下、スリープからの復帰時間は10秒以下に短縮。上位機種の操作体系を踏襲しており、頻繁に利用する機能の操作ボタンを個人専用のメニューに配置することで作業効率を向上させられる。

発売されるのは2機種4モデルで、A4/B5サイズの連続複写が毎分30枚の「C2030/C2030F」と、同じく毎分20枚の「C2020 /C2020F」がある。「C2030F/C2020F」ではスキャナ・ファクス・自動原稿送り・HDDが標準装備で、「C2030/C2020」ではこれらがオプションとなる。

解像度は1,200×1,200dpiまたは9,600dpi相当×600dpi。階調は256階調。本体サイズは、「C2030/C2020」が W565×D650×H791mm。「C2030F/C2020F」がW565×D680×H928mm。価格は、「C2030F」が165万円(税別)、「C2030」が135万円(税別)、「C2020F」が135万円(税別)、「C2020」が105万円(税別)。
シリーズ初のモノクロ機「6000シリーズ」

imageRUNNER ADVANCE 6075

「6000シリーズ」は、毎分70~55枚(A4ヨコ)の出力スピードを持つA3対応のモノクロ機。1つの印刷指示で2台の機器から同時に出力できる「重連コピー」機能に対応しており、大量のコピーも処理を分散させて作業時間を半減できる。

発売されるのは、出力速度が毎分75枚の「6075」、毎分65枚の「6065」、毎分55枚の「6055」の3機種。3機種とも、解像度は 1,200×1,200dpiで、階調は256階調。本体サイズは、W645×D770×H1,220mm。価格は、「6075」が310万円(税別)、「6065」が280万円(税別)、「6055」が250万円(税別)。価格はいずれも、本体と「マルチカラーイメージリーダーユニット・C1」セット時のもの。002l.jpg

001l.jpg


002l.jpg

PR:格安コピー機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら!