リコー グローバルMDS事業を・・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

リコー グローバルMDS事業を・・・

リコー グローバルMDS事業を大幅に強化 13年度に売上3000億円

リコー(近藤史朗社長)は、1月20日大手町で記者発表し、「マネージド・ドキュメント・サービス(MDS※)」事業を大幅に強化し、グローバル展開をさらに加速すると発表した。

 印刷コストやドキュメントマネジメントに関わるコスト削減が、企業の最終利益にどれだけの影響があるのか、企業のトップ層の認識は不十分であり、MDSの推進で顧客が経営資源をコアビジネスに集中できるよう、さらに踏み込む。

 我妻一紀グローバルマーケティング本部長は、「リコーは、デジタル複合機(MFP)などのハードウエアやソフトウエア、ドキュメントソリューションやITサービスなどのコア事業に加え、MDS事業を大幅に強化する」と説明。

 世界180カ国で構築してきたグローバルな販売・サービス体制を最大限に活かしながら、「さらに今後3年間でグローバルMDS事業の人材とインフラに約 260億円を投じることで、グローバルMDSの事業基盤拡大を加速させ、2013年度にはMDS事業における売上高を、現在の3倍となる3000億円まで拡大する」(同氏)とした。


【MDS】オフィスにおけるドキュメント入出力状況の分析から、最適な機器の配置や効率的なドキュメントワークフローの提案を実施、その環境の運用・管理を請け負い、継続的に改善提案を行うサービスのこと。

PR:格安複合機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら!