リコー、大塚商会、NTT ComがOffice 365を|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

リコー、大塚商会、NTT ComがOffice 365を

リコー、大塚商会、NTT ComがOffice 365を組み込んだサービスを発表

6月29日、日本マイクロソフトは、Office 365を正式リリースしたが、これに合わせ、リコー、大塚商会、NTTコミュニケーションズは、既存の自社サービスにOffice 365を組み込んだ新たなサービスを発表した。
リコーは「クラウドサービス for Office 365」

リコーが発表したのは、Office 365に導入作業および操作支援など、リコーグループならではのサポート&サービスを付加してパッケージ化した「クラウドサービス for Office 365」。価格はP1モデル(50ユーザー以下の利用)の場合、1ユーザーあたり月額850円(税別)。

このサービスは、Office 365の初期登録の代行とヘルプデスクによる操作支援をパッケージ化したもの。オプションでドメインの登録も代行する。リコーグループでは、IT関連のサービスとして、デジタル複合機やプリンタに加え、PCやサーバをネットワークで結び、インターネット環境を整備して保守までをワンストップで提供しているが、今回のサービスはこれらを強化するものだ。

リコーの「クラウドサービス for Office 365」
大塚商会は「たよれーる Office 365」

大塚商会が新たに提供するサービスは、Office 365と同社のITサポートサービス「たよれーる」を組み合わせ、スマートフォン対応のメールサービスや、Web会議、在宅勤務にも活用できるコミュニケーションシステムなどを提供するもの。具体的なサービスや価格は以下のとおりだ。

「たよれーる Office 365」のサービスメニュー
NTT Comは「Bizホスティング エンタープライズ Office 365 ハイブリッドオプション」

NTTコミュニケーションズが提供するのは、グローバルに対応したプライベートクラウド基盤として提供中の「Bizホスティング エンタープライズ」において、オプションとして提供される「BHE Office 365 ハイブリッドオプション」。このオプションは、Office 365にユーザーが利用しているActive Directoryによってシングルサインオンできる機能。月額料金は、1ユーザーあたり630円から。

また追加機能として、外出先や海外出張先でもスマートフォンやPCから、オフィス環境と同一の認証IDでアクセスできるADFS プロキシサービスや、オフィスのActive Directoryで保持するデータベースのレプリケーション(複製)を、Bizホスティング エンタープライズで保持することにより、企業の認証基盤の可用性を高めるAD レプリケーション機能も提供する。

PR:格安複合機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら!