OKIデータ、「名古屋」を重点地区・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

OKIデータ、「名古屋」を重点地区・・

OKIデータ、「名古屋」を重点地区に指定、営業人員増、パートナー強化を  OKIデータ(杉本晴重社長兼CEO)は、来年度(2011年3月期)から名古屋市を中心とした中部地区の営業を強化する。  同社はデジタル複合機(MFP)を除く国内プリンタ市場では、販売数量シェアで4-7%を獲得している。ただ、「国内全体からすると、中部地区だけ平均より低く苦戦している」(杉本社長)ことから、中部支社(名古屋市中区)の人員増やパートナーとの関係を再構築する方針だ。  同社が2008年10月に出した新プリンタブランド「COREFIDO(コアフィード)」は、「5年間無償保証」が受け入れられ、ディストリビュータの2次店になる事務機ディーラーからの販売を大幅に伸ばした。国内プリンタ市場が落ち込むなかでも、毎月販売台数を増やしている。この好調さを受け、「弱点地域」の強化に乗り出し、中部地区で全体並みのシェアに上げ来年度はシェア8%を目指す。
PR:格安コピー機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。
お問い合わせはこちら!