複合機とPCでフォルダ共有・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

複合機とPCでフォルダ共有・・

複合機とPCでフォルダ共有!建物の書類管理を効率化 2008年11月に施行された改正建設業法や、2009年6月に施行された長期優良住宅促進法により、建設会社や工務店などは、請負契約書、完成図、打ち合わせ記録といった書類を建物の引き渡し後10年間、住宅履歴情報(維持・管理の記録)については30年間保存する必要があります。 その結果、住宅の設計や施工に伴う図面や各種申請書類など、多種多様な情報を一元的に管理することが求められています。紙の書類については当然、紙の書類についてはスキャンして電子データとして保存しておいた方が何かと便利でしょう。 そこで福井コンピュータとリコーが発売したのが、「ARCHITREND Manager カン文連携ツール for imagio」という新製品です。
PR:格安コピー機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。
お問い合わせはこちら!