リコー、スキャンデータを基幹システム|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

リコー、スキャンデータを基幹システム

リコー、スキャンデータを基幹システムに自動配信する「Ridoc GlobalScan V2」

 株式会社リコーは7日、最新のデジタル複合機とWindowsサーバーOSに対応したドキュメント配信システム新版「Ridoc GlobalScan V2」を発表した。16日より販売する。

 Ridoc GlobalScanは、デジタル複合機(MFP)でスキャンしたデータやFAX受信したイメージデータを基幹システムなどに自動配信するシステム。

 新版では、2012年に発売したMFP最新ラインアップに対応したほか、64ビット版の最新WindowsサーバーOSにネイティブ対応した。また、仮想化環境(VMware、Hyper-V)でも利用できるようになり、よりニーズに合わせた環境での利用が可能となった。

 加えて、OCRエンジンをABBYY社の「FineReader Engine」に変更。スキャンしたデータの英語読み取り精度や、天地識別・傾きを補正する機能が強化された。

 さらに流通・製造業など多くの定型帳票(請求書、発注書、設計図等)を扱う顧客や、金融・通信業などセキュリティ意識の高い顧客向けに、「領域指定ORC機能」や「画面ログキャプチャ機能」を搭載した。

 領域指定ORC機能は、文書内の一定の領域をOCR処理することで、例えば、受発注業務における定型帳票において、データそのものだけでなく、顧客名や商品名、個数などの情報を受発注システム側に配信するもの。一方の画面ログキャプチャ機能は、スキャンした画像ログデータを自動登録することで、どのような分書画いつどこでスキャンしたか履歴を残すもの。業務効率やコンプライアンス対応を向上できる。

 価格は15万円(税別、1サーバーライセンスと1デバイスライセンス)。

PR:格安複合機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら!