新興国モデル広がる キヤノンや東芝|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

新興国モデル広がる キヤノンや東芝

新興国モデル広がる キヤノンや東芝など、アジア需要を開拓

国内企業が新興国専用モデル製品の開発・販売を加速している。キヤノンは中国で現地の商習慣も考慮した低価格の複写機を投入。東芝はパソコンで新興国モデルの開発に着手した。専用モデルは機械などの生産財や生活用品にも拡大。低価格に加え商習慣を反映するなどしてアジアを中心に中間所得層の需要を取り込む。自動車や家電に続き新興国モデルのすそ野が広がることで、コスト高の国内生産体制を見直す動きが進む可能性がある。
 国際通貨基金(IMF)の2010年の世界経済見通しによると、成長率は日本や米国、ユーロ圏の1.7〜0.3%に対し、中国は9.0%、インドは6.4%など新興国がけん引する。環境変化を受け、日本メーカーは日米欧向け製品を基本に世界市場を開拓する従来戦略を転換する。
http://www.cwor.biz/archives/30320/

PR:格安コピー機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら!