コピー用紙無料サービス 企業の・・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

コピー用紙無料サービス 企業の・・・

コピー用紙無料サービス 企業の利用急速に広がる

3月6日18時12分配信 J-CASTニュース
 このご時世、会社の経費は少しでも抑えたい。そこで、コピー用紙の裏面に広告を付ける代わりに、無料でコピー用紙が受け取れるサービスが登場し、話題を集めている。

 無料オフィスADペーパー「とくぺぱ」という名称で2009年5月、コピー機の販売やレンタルを手がけている「シャープドキュメント21ヨシダ」(宮城県仙台市)が始めた。

■「紙にも何か付加価値があれば」

 無料で配布できるのは、コピー紙の裏面に広告が入るからだ。印刷と発送は同社がやっている。コピー用紙を受け取りたい企業はネットを通じて登録するだけで、毎月1回配送される。上限は社内で通常利用する紙のうち10%程度で、配送料もかからない。1セット400枚入りで8種類の広告があるが、広告量が少ない場合、受け取れる量が減ることもある。

 これまでにも似たような仕組みはあった。たとえば、大学生向けの無料コピーサービス「タダコピ」はコピー用紙の裏面を広告にすることでコピー代無料を実現した。だが、企業に対して無料でコピー用紙を配布するのは珍しい。なぜサービスがはじまったのか――。実は、同社営業マンの実体験が出発点だった。

  「弊社は本業でコピー機の販売やレンタル、メンテナンスを行っておりますが最近は、営業をかける際に困っていることがありました。新規の法人営業が難しいのです。とくに飛び込み営業ではセキュリティ強化で会社の中にさえ入れない。どうしたら受付を突破できるか、と」

 目を付けたのが商売道具のコピー機だった。同社ではコピー用紙も販売しているが、多く売っても利益になりにくい。紙にも何か付加価値があればと考え出したのが、コピー用紙の裏面利用というわけだ。

■会員数が今では4800社に拡大

 実際の使い勝手はどうなのだろうか――。webサイトの構築を手がけているテクト(東京都千代田区)では2009年10月頃、「とくぺぱ」の利用をはじめた。代表の中谷茂樹さんがweb上で見つけたのがきっかけだ。同社の場合は、Web制作の際、デザインを紙で見たいときに利用している。紙はふつうのコピー用紙に比べてやや分厚いというが、印刷機が詰まることはなく快適に使えている。中谷さんは「QRコードから携帯電話に誘導する仕組みがあっても面白いと思う」と話していた。

 航空券の比較・検索サイトを運営しているトラベラーズゲート(北海道札幌市)でも2009年12月から利用している。広報担当者はこう話す。

  「主にFAX用紙として使っています。会議用に使ったこともありましたが、うちの場合は大量に出すせいか、コピー機が詰まることがあったのでやめました。経費の削減には役に立っていると思います。とくに、小さなことにも取り組んでいる姿勢が社内の励みになっています」

 なお、サービスがはじまった時は500社程度だった会員数が、今では4800社に拡大した。会員数が増えたため、広告主の希望に応じて、地域や業種を絞って配布することもできるようになった。ある医療系の出版社の場合、200の病院に絞って配布したところ、3日後に売り上げに結びついた例があるという。
http://www.j-cast.com/2010/03/06061230.html

PR:格安コピー機ドットコムでは、全て新品のコピー機・複合機(リース)を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またカラーコピー機・複合機・コピー機(リース)のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。カラーコピー機・複合機・コピー機(リース)のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、カラーコピー機・複合機・コピー機(リース)が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機・複合機(リース)がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら!