デジタルフルカラー複合機の生産を増強|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

デジタルフルカラー複合機の生産を増強

デジタルフルカラー複合機の生産を増強 シャープ 中国SOCCで Sharp Office Equipments (Changshu) Co.,Ltd.(略称SOCC)  シャープは、中国の江蘇省常熟経済開発区の事務機器生産会社「夏普弁公設備(常熟)有限公司」(SOCC)内に、新たに建設した第二工場を4月から稼働し、デジタルフルカラー複合機の生産能力を増強する。  同社は、1972年にドキュメント事業を開始、グローバル市場で展開し、規模を拡大してきた。現在の複写機・複合機の生産は、世界4拠点(日本、中国、フランス、タイ)で行い、その中でも中国のSOCCは、グローバル市場全体への供給拠点として中心的な役割を担っている。  今後、欧米市場に加え、中国の経済成長に伴いカラー出力の需要増加が見込まれ、カラー機の売上拡大を想定。そこでSOCC第二工場では、デジタルフルカラー複合機およびカラートナーカートリッジの生産に特化し、2012年4月から稼働させる。
PR:格安複合機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。
お問い合わせはこちら!