最新プリンターの注目点は操作性・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

最新プリンターの注目点は操作性・・

最新プリンターの注目点は操作性、デザイン、独自機能


画質競争は終焉、無線LAN搭載は当たり前

 プリンター複合機の2010年冬モデルが出そろった。最新モデルは画質の飛躍的な向上はないものの、操作性の工夫や独自機能の付加により、製品としての魅力は確実に増している。

 国内2強メーカーでは、キヤノンのPIXUSシリーズがデザインを一新した。ただし、製品強化の方向は実はセイコーエプソンのColorioシリーズも同じだ。

 まず、操作性の改善では、両社とも前面の操作パネルの使い勝手を向上した。具体的には、次に選択できるメニュー項目やボタンだけを光らせて、初心者が迷 わず操作できるように工夫している。また、昨年から一気に増えた無線LAN機能はほぼ標準搭載となり、今年は初期設定がより簡単にできるよう配慮されてい る。無線LANの簡単設定機能では「AOSS」「WPS」に加えてキヤノンが「らくらく無線スタート」に対応、セイコーエプソンはいったんパソコンと USBケーブルで接続して無線LANの設定を済ませられる機能を搭載した。

 さらに、iPadやiPhoneなど最新の情報端末やスマートフォンに対応した点も見逃せない。また、主力モデルにカラバリを用意してきた点も2社に共 通。従来の黒に加えて、キヤノンの「PIXUS MG6130」ではシルバーを、セイコーエプソンの「Colorio EP-803A」ではホワイトを追加投入した(図1)。

図1 キヤノン、セイコーエプソンの主力モデルは同じ方向性で機能を強化。キヤノンのPIXUS MG6130はデザインを一新し、インクを6色に増やして画質も向上した
拡大表示

 大手2社以外のプリンター複合機では、独自の新機能が注目される。まず、日本ヒューレット・パッカードは、ネットに接続して印刷する機能を搭載(図 2)。ドライバーソフトのインストールが不要で、パソコンのほかiPhoneやアンドロイド端末などのスマートフォン、iPadなどからメールを送信し て、文面や添付ファイルを印刷できる。

図2 日本ヒューレット・パッカードの複合機は、ネットに接続してプリントできる機能が注目。ENVYは薄型ボディーを採用した新シリーズだ。
拡大表示

 また、ファクス付き複合機に強いブラザー工業は、独自の無線ファクス機能を採用した(図3)。電話線を通信ボックスにつなげば、複合機本体への接続は不要。無線LANも搭載した機種ならば、複合機への接続は電源ケーブルだけで、ファクスとしても複合機としても使える。

 プリンター複合機の新製品は、10月下旬には実売価格がこなれているころ。この冬に購入を検討しているなら、画質以外のポイントも必ずチェックしてほしい。







PR:格安複合機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。 またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コ ピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますの で、ご安心ください。


お問い合わせはこちら!