リコー、スリープからの・・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

リコー、スリープからの・・・

リコー、スリープからの復帰時間を約1/3にしたA3デジタル複合機 リコーは、従来機に比べ消費電力を低減し、スリープモードからの復帰時間短縮を図ったA3対応のデジタルフルカラー複合機の新製品「imagio MP C2201シリーズ」2モデルを発表した。2011年1月12日から発売される。 スキャナとプリンタ機能を備えた「imagio MP C2201 SP」が1,020,000円(税別)、スキャナとプリンタ機能に加えFAX機能を搭載した「imagio MP C2201 SPF」が1,400,000円(税別)。連続コピー・プリント速度は、いずれも毎分22枚(A4ヨコ)となっている。 「imagio MP C2201 SPF」 新製品は、すばやい立ち上げを可能にする新カラーQSU技術と、低温定着を可能にする新開発の重合トナー(ブラック)の採用により、消費電力を低減したという。imagio MP C2201 SPの標準消費電力量(TEC値)は1.07kWhで、従来機の「imagio MP C2200 SP」に比べ、約59%削減しているという。 また、スリープモード時からの復帰時間も、従来機の「imagio MP C2200シリーズ」の27秒から10秒へと短縮されている。そのほか、USBメモリーやSDカードのデータを直接印刷できる「メディアプリント機能」も搭載する。 いずれも、コピー解像度は600×600dpi、プリンタ解像度は600×600dpiと1,200×1,200dpi、給紙は標準が250枚×2 段+100枚(手差し)、インタフェースが10BASE-T/100BASE-TX(オプションで1000BASE-T、パラレル、無線LAN、 Bluetoothに対応)とUSB 2.0。外形寸法/重量は、imagio MP C2201 SPがW587×D676×H725mm/85kg以下、imagio MP C2201 SPFがW587×D676×H845mm/100kg以下。
PR:格安複合機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。
お問い合わせはこちら!