東芝、想定外の機器に接続す・・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

東芝、想定外の機器に接続す・・・

東芝、想定外の機器に接続するとデータを無効化するHDD 東芝が開発した記録データを瞬時に無効化する機能を搭載する2.5型HDD「MK6461GSYG」 拡大写真+ 東芝が開発した記録データを瞬時に無効化する機能を搭載する2.5型HDD「MK6461GSYG」  東芝は13日、想定外の機器に接続されると記録データを瞬時に無効化する機能を搭載した2.5型HDD製品を6月下旬から量産開始すると発表した。HDD盗難による情報漏えい防止策や廃却時などのデータ無効化に有効な製品として、デジタル複合機、POSシステムやパソコンなどでの利用を見込む。  同製品は、HDD本体が、搭載されたデジタル複合機やPOSシステム、パソコンなどの機器と認証を行い、あらかじめ決められた機器以外のシステムからアクセスされた場合に、自動でデータを無効化する。  既存の暗号化機能付きHDDでは、搭載機器からの指示でのみデータを無効化できるが、同製品では搭載機器からの指示がなくても自動的にデータを無効化できるため、HDD盗難に対しても情報漏えい防止が図れるようになるとしている。  また、既存製品のように搭載機器からの指示でデータを無効化するモードと、電源供給が遮断されたときにデータを無効化するモードにも設定を切り替えることができる。それぞれのモードで「無効化するエリア」と「無効化せずに暗号化状態で保存するエリア」を設定できる。  記憶容量は640GB、500GB、320GB、250GB、160GBの5種類。インターフェースはSerial ATA、回転数は 7,200rpm、外形寸法は幅69.85mm×奥行き100.0mm×高さ9.5mm。暗号アルゴリズムはAES 256ビット。  同社はデジタル複合機、POSシステムやパソコン向けなどの用途を想定しているほか、今後この技術を応用したSSDの製品化も検討していくという。また、東芝ブランドでも同製品を搭載したデジタル複合機、POSシステム、パソコンなどを企業向けに展開していく方針。
PR:格安複合機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。
お問い合わせはこちら!