離れた拠点の複合機で帳票を・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

離れた拠点の複合機で帳票を・・

離れた拠点の複合機で帳票を出力できる仕組み――キヤノンMJとウイングアークが提供

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)とウイングアーク テクノロジーズは3月8日、帳票システムと複合機を連携させるアプリケーション製品「RDE連携プリント for imageRUNNER ADVANCE」を発表した。キヤノンMJが5月上旬に発売する。

 新製品は、ウイングアークの帳票開発基盤「Super Visual Formade(SVF)」やSVFの利用基盤「Report Director Enterprise」と、キヤノンの複合機「imageRUNNER ADVANCE」を連携させるもの。RDE帳票サーバにあるデータを離れた場所にあるimageRUNNER ADVANCEで閲覧したり、印刷したりできるようになる。

 キヤノンMJによれば、従来は専用ツールを利用してサーバから複合機に印刷を指示することができたが、複合機からサーバに帳票データを要求したり、サーバが印刷完了を確認したりすることはできなかった。新製品によってこれらが可能になるほか、サーバと複合機の間でデータの圧縮と暗号化通信が行える。認証連携も可能で、PCを設置できない工場や店舗、倉庫などと帳票データのある拠点との間でデータを安全にやりとりできるという。

 製品価格は7万8000円(税別)。なお同製品を利用するには、「ウェブブラウザーキット」(税別9万8000円)によってimageRUNNER ADVANCEからWebシステムにアクセスできる環境を準備しておく必要がある。

PR:格安複合機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら!