リコー、デジタル複合機とWindows・・|格安のコピー機(複合機)のリース。今申し込みをするとホームページが無料で付いてくる!

OA機器ニュース

リコー、デジタル複合機とWindows・・

リコー、デジタル複合機とWindowsパソコンを連携させる文書管理ソフトを発売


リコーは2011年2月22日、同社のデジタル複合機で受信したFAX文書をパソコンで閲覧、整理し、コメントを付けて返信できるWindows用ソフトウエア「Ridoc Smart Director」(写真1)を発売した。複合機でスキャンした文書の画像編集も可能。標準価格(税別)は、1ライセンス1万9800円から。2月25日に出荷を開始する。

 Ridoc Smart Directorは、同社のデジタル複合機「imagio MPシリーズ」とWindowsパソコンを連携させるためのソフトウエア。(1)受信したFAX文書をパソコンで分類する仕組みやコメントを付けて返信する機能などを提供する「カンタン・ファクスソリューション」、(2)デジタル複合機でスキャンした文書に対して、パソコン上で内容を確認しながら管理情報を付加できる仕組みなどを提供する「カンタン・文書管理ソリューション」---という2つの機能で構成する。

 カンタン・ファクスソリューションでは、Windowsパソコンの画面からデジタル複合機に届いたFAX受信文書の一覧を確認したり、送信元の名前や件名などの情報を付加したりできる。受信文書に対してコメントを付けて送信元に返信することも可能。FAXを受信すると、パソコンの画面上に新着通知をポップアップ通知する「おしごとモニター」機能も搭載している。すべての操作は、Ridoc Smart Directorのユーザーインタフェースである「おしごとブラウザー」(写真2)上から実行できる。

 カンタン・文書管理ソリューションでは、複合機でスキャンした文書に対して回転やサイズの変更、ごみ取りといった画像補正を加えたり、検索用キーワードなどの情報を付加したりできる。スキャンした画像は内蔵する画像エディター「おしごとペイント」で内容の確認や編集ができるため、画像編集用のアプリケーションを別途用意する必要はない。編集済みの文書を、おしごとブラウザーからNAS(Network Attached Storage)やファイルサーバーに直接保存する機能なども搭載している。

PR:格安複合機ドットコムでは、全て新品のコピー機を取り扱っております。その為、中古では高かったランニングコストを最小限に抑えることが可能です。またコピー機のカウンター料金は一枚3円からご提供可能です。コピー機のカウンター料金はトナー以外にも保守のカウンター料金も含みます。ですので、コピー機が故障したとしても、部品交換やメンテナンスで別途費用が発生することはありません。全てのコピー機がメーカーメンテナンス対応となっておりますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら!